--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週の事ですが。

2005年10月11日 20:25







なるイベントに行ってきました。



友人のメガネ君が「1次通ってしまった2次見に来てさ。」と、言われたので見に行きました。



っと、その前にどんなイベントか説明しないといけませんね。

簡単に言えば10代だけが出れるバンドコンテストみたいなモノです。

コピー・オリジナルどちらでも良い。という良い感じのコンテスト。

主催がヤマハなだけあって全国まで行けるイベントです。

楽器店が行う1次→地区2次(県ごと)→地区全国→全国という感じで。



これの県ごとに行われる2次にメガネ君率いるバンドが出る。ということで



関西・沖縄大会 というなんか微妙な地区予選でした。



見に行ってみればどうやらメガネ君たちはトップバッターのようです。






…うーん、普段はヘタレで変態のクセにこういうときはすごく見えます。

いや実際すごいんですけど。ベースとドラムも頑張ってました。



で、演奏が終った後、次のバンドの用意ができるまで

関西・沖縄大会だからなのか関西弁を操る男女の司会のインタビュー?を受けてました。



ところがこの司会があまり上手くない司会でして

インタビューしつつ二人で漫才がしたいのか

出演者をいじりたいだけなのか

出演者がどう答えていいのかよくわからん質問をばんばんするわ

一人ボケツッコミを始めるも関西側のローカルネタだったのか知らんけど悪いけど意味がわからん!



みていてメガネ君達がかわいそうになりました。この合間のトークのための練習もしなきゃいけなかったのか…?





さて、全部で15バンドほど出たティーンズフェスティバルですが

ひとつだけとんでもないバンドがいました。

その名も「THE TAM×TAM」

演奏曲目は「メリーさん(改)~タムタムレッツゴー~」

プログラムで曲名を見たときから注目でした。



予想していた通りヤツらは普通じゃなかった。

何が普通じゃなかったかって

普通は例のへたくそ司会から名前をコールされたあとすぐ演奏始めてたんですけど

ヤツらは演奏じゃなくて何か白い人一人分ぐらいの何かを運んできます(上の写真の通りちょい薄暗くて詳細はわかりにくい)

端っこと端っこをもってえっさほいさと。



で、それをステージの真中において、やっと演奏が始まると思ったら

違った。何が始まったか、ってヤツら念仏唱え始めました。



あれ?これメリーさん(略)ですよね!?



と、思っていると最初に運ばれていた白い何かがむくっと起きあがります

やっぱり人だったのか!と思っていると、なにやら白いものでグルグル巻きにされている人でした。

そして念仏が終ったかと思うと真中のやつが体に巻かれた白いもの(トイレットペーパーだったっぽい)

を破り始めて奇声をあげながらステージを飛んで叫んで走って叫んで。



もうこの時点で私はツボに入っておりお腹が痛いです。そしておかげで写真1枚も撮ってません。



で、さすがTHE TAM×TAM。普通じゃないのは最初だけじゃありません

服装も変です。ミイラ男の下は全身黒タイツでした。

それに白い文字ででかく胸にTお腹にA下腹部にM

その男がメリーさんの羊をなにやらつぶれた蛙のような声で熱唱しているわけです。

つぶれた蛙の声がどんなのかは、SEX MACHINEGUNSのNoisyと思ってくれれば(それもわからん)



そしてもうワケのわからん演奏と叫びが終ってインタビューの時間です。

そして服がおかしいのはボーカルだけじゃありませんでした。

ドラムのやつは半裸で汗びっしょりだったしなにより半パン。

そしてギターのやつはなんだかナース服きてました。

いやさすがにスカートではなかったんでナース服と呼べるかどうかは怪しいんですが本人がインタビューの返しでそう言ってたからきっと間違い無い。



そして服装にツッコミ入れるインタビューが終りに近づいた頃(黒タイツは私服だそうで)

いきなり黒タイツが解散宣言を始めます。

司会がちょとびっくりしてメンバーに確認を取ったところ

そんな話は初めて聞いたと返ってきてさらに困惑の司会。

じゃあこれからどうするの、と司会が聞いてみたところ



(黒タイツ抜きで)4人でやる…



と、ナース服が言ってしまったので、黒タイツは突然逃亡を始めます。

脱兎のごとく舞台裏へ消えていきました。(逃げた後ずっとこっち覗いてたけど・・・

そしてその後なぜか半裸ドラムの手には黒タイツの遺影がありました。



もうどこまでネタを仕込んで来たのかわからないTHE TAM×TAM



終始お腹がよじれてました。



そして大賞の発表なんですが

舞台裏から戻ってきたメガネ君と合流して

絶対に大賞はタムタムだろう、間違い無い。と思ってたら違いました(´□`)



普通に演奏がすごかった所が選ばれてました。

大賞2つ、あと3つ賞があったんだけど

小さいほうの賞をもらったところの演奏は思い出せすらしなかったところが・・・

それほどタムタムのインパクトは強烈でした。



あぁ残念。あれは関西までいってライブやるべきバンドだ。うん。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hisuikyo.blog56.fc2.com/tb.php/20-8447db8f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。